黒酢の通販ならまるしげフーズライフ


真夏の炎天下でアスリートが夏バテしない理由

皆さん、こんにちは。

暑い日が続いておりますが、夏季休暇で自宅で過ごしていらっしゃる方も多いかと思います。

来年のこの時期は東京オリンピックが開催され、連日様々な競技が東京の各地で催されているかと思いますが、こんな暑さで本当に大丈夫でしょうか。

なぜ、こんな暑い日にオリンピック?と思ってしまいますが、何よりも心配なのは熱中症です。

日本体育協会の『熱中予防のための運動指針』によると、気温が31℃以上では運動は「厳重警戒」、35℃以上では「原則中止」となっています。

そう考えると、完全に甲子園の高校野球もオリンピックの屋外競技もアウト!って事になりますよね。

選手はもちろん、競技を観戦しているお客さんも熱中症対策は不可欠です。

熱中症は気温が高いほどリスクが高くなり、運動強度が高いほど筋肉での熱産生が多くなるため、リスクが上がります。

この真夏に運動を行うことは大変リスキーな事なのです。

では、なぜ、甲子園球児やアスリートの人たちはこの炎天下の下でも元気はつらつと運動できるのでしょうか。

熱中症は発汗作用、すなわち汗をかく事と密接な関係にあります。

私たちは気温や体温が高くなると汗をかきます。汗の水分が皮膚上で蒸発するときに熱が奪われ、体温が下がります。

つまり、汗をかかないと身体に熱がこもってしまうため、熱中症になりやすくなるのです。

普段から暑さの下で運動をして汗をかく習慣があるアスリートは「暑熱順化(しょねつじゅんか)」という状態にあり、身体が自然と暑さに順応しています。

当然、水分補給は必須ですが、汗をかけばかく程、身体は順応しているのです。

問題は、普段から冷房に当たっていてあまり汗をかかない観戦側の人達です。

もし、この炎天下の下でスポーツ観戦や野外音楽ライブなどに出かける予定がある人は、数日前から汗をかいて身体を暑さに慣れさせる「暑熱順化」を意識してくださいね。

あと大切な事は大量に汗をかいた時にには水分と一緒にミネラル分が失われていますので、ミネラルを含むスポーツドリンクで補充しておきましょう。

スーパーなどで販売している紙パックの黒酢飲料もおすすめです。

最近の黒酢飲料は酸味と糖分を程よくミックスして飲みやすいだけでなく、疲労回復に役立つ栄養素がバランス良く含まれているので、冷たくしておくと美味しく飲めますよ。

とにかく、アスリートと私たちは暑さに対する順応力が違いますので、屋外でのスポーツ観戦の時はくれぐれも注意を払ってくださいね。

  真夏の炎天下でアスリートが夏バテしない理由

まるしげフーズライフのホームページへようこそ。
当店では鹿児島県・福山町の黒酢を中心としたこだわりの商品をご用意しております。
また、送料無料(3,000円以上)、全商品の手数料は無料。お得なセット割引きもあります。※商品の価格表示は税抜きです。

  

お得なセット商品

初めて黒酢をお試したい方にお得なセット、贈答品用の特選黒酢セットをご用意しました。