黒酢の通販ならまるしげフーズライフ


黒酢は肝臓病予防にも役立つ?

みなさんこんにちは^^!

体の中でもっとも重要な働きをしている臓器が肝臓です。
脳・心臓といった臓器も重要ですが、
これらが正常に機能するのは肝臓がつくる栄養が あるからです。


私たちが食べた食物は、胃・腸などで消化吸収されます。
それらの栄養分は、みな肝臓に運ばれ処理され、
形を変えて各器官に運ばれます。

肝臓はとても強い臓器であるといわれていますが、
強いといってもやはり限度があります。

たとえば粗末な食事・大食・大酒などを長く続けていたり、
疲労の蓄積・一部の食品加工物に含まれる、
有害物質の摂取・医薬品の乱用などは、
肝臓に負担をかける原因になります。

長期間、このような負担を肝臓にかけ続けると、
肝臓に多量の脂肪がたまってしまいます。
これが、脂肪肝といわれるものです。
さらに、その脂肪が肝臓を変化させ、
縮んで小さく硬くなった状態が肝硬変といわれるもので、命取りにもなります。

酒は「百薬の長」ともいわれますが、飲みすぎれば体をこわします。
酒の飲みすぎによる害でまずあげられるのが、肝臓への影響です。
酒がなぜ肝臓に悪影響を及ぼすかというと、
肝臓の持つ解毒作用に関係があるからです。
酒は肝臓でさまざまな酵素に分解され、
最後に水と炭酸ガスになり体外に排泄されますが、
飲みすぎると肝臓の解毒機能が対応しきれずに悪酔いしたり、二日酔いしたりします。

酒を飲みすぎると肝臓はこの解毒機能をフル回転させねばなりません。
また、元来、肝臓内の脂肪はたんぱく質のアミノ酸によって外へ運び出されるのですが、
このアミノ酸が不足すると次第に肝細胞の中に脂肪がたまって肝機能を低下させます。
この状態が脂肪肝であり、脂肪肝を放置しておけば肝硬変になります。

この脂肪肝に黒酢がよいといわれています。
飲酒の前後にお酢を飲むと悪酔いしないといわれているのは、
肝臓の疲労を和らげ、なおかつ肝臓の働きを活発にし、
アルコールの燃えカスであるアセトアルデヒドを出しにくくする働きがあるからだと考えられています。


肝臓病の予防・治療には、たんぱく質・ビタミン・ミネラルを十分に含んだ食事が必要です。
肝臓が弱っている場合、肝臓自身もたんぱく質・ビタミン・ミネラルを必要とするからです。
ビタミンについてはあらゆるビタミンを摂取する必要があり、
特にビタミンA・B1・B6・B12・C・Eは重要です。
黒酢にはこれらのビタミンが豊富に含まれているので、肝臓予防にも役立つといえましょう。