黒酢の通販ならまるしげフーズライフ


黒酢は酸っぱいのに「アルカリ食品」の不思議

こんにちは ^^!

急に梅雨が明け、夏の猛暑日が続いておりますが、お身体の方は大丈夫でしょうか。

しっかりと水分を補給して夏ばて防止に努めてくださいね。

普段は酸っぱい食べ物が苦手な方でも、夏の疲れた時には「酸味のあるさっぱりしたもの」を食べたくなることがよくあります。

これは、身体が疲れた状態の時には、全身が酸性状態になっているからなのです。

普段、元気な時は私たちの身体は弱アルカリ性に保たれているのですが、過度な運動や仕事、頭をフル回転させた後などは、新陳代謝が悪くなり、血液が酸性状態になっています。

これが「疲れている」状態なのですが、そこで、欲しくなるのが「酸っぱい食品」なのです。

酸性になっているのに、何故酸っぱいもの?と思われるかも知れませんが、梅干しやお酢、みかんなどの酸っぱい食品を敢えて摂ることで、酸性に傾いたカラダを元の弱アルカリ性に戻そうとする働きが作用します。

これは生体がもつ防御反応の一つです。

実は食品は単純に「酸っぱい」から酸性、という区分ではないのです。

「アルカリ食品」、「酸性食品」という区分の基準は、食品中に含まれるミネラルの比率によって決まります。

ミネラルには、カルシウム、マグネシウム、リン、カリ、ナトリウムなどがありますが、身体に吸収された際に、リン酸や塩酸といった「酸」を作るミネラルの比率が多い食品は「酸性食品」となります。

一方、身体に吸収されたとき、身体をアルカリ性にするミネラルの比重が多い食品は、「アルカリ性食品」となります。

従って、果物にも酸味が強いものもありますが、あの酸味は「クエン酸などの有機酸」による酸味ですので、お酢も同様に、体内に入るとアルカリ性の作用をします。

では、何故、疲れてくると身体が酸性になるのでしょうか?

身体が疲れてくると、「焦性ブドウ酸」や「乳酸」といった酸が身体に溜まってきます。
また、エネルギーを消耗するとこれらの酸を燃焼させることができなくなります。

いわゆるクエン酸サイクルが働かなくなっているのですね。

疲れが溜まっている時に尿がにごっているのも、これら疲労物質が尿中に排泄されているためです。

そこで、クエン酸サイクルを活性化させる「お酢」や「果物」といった酸味のある食品を欲するようになるのですね。

これらの食品には、他にも体内に「乳酸が溜まらないよう発生を抑える」働きもします。

乳酸の発生を抑えこみ、体内に溜まっている乳酸は燃焼させてエネルギーに変えていきますので、次第に疲労が回復して、元気が戻ってくるということですね。

これからの季節、さらにむし暑い日が続きますが、意図的にお酢や梅干しなどの酸っぱいアルカリ性食品を摂取して、疲労を残さないようにしたいものですね。

  黒酢は酸っぱいのに「アルカリ食品」の不思議

まるしげフーズライフのホームページへようこそ。
当店では鹿児島県・福山町の黒酢を中心としたこだわりの商品をご用意しております。
また、送料無料(3,000円以上)、全商品の手数料は無料。お得なセット割引きもあります。※商品の価格表示は税抜きです。

  

お得なセット商品

初めて黒酢をお試したい方にお得なセット、贈答品用の特選黒酢セットをご用意しました。