黒酢の通販ならまるしげフーズライフ


夏場は水分補給で上手に健康管理しましょう。

皆さん、こんにちは。

今日も暑いですが、頑張っていきましょう。とはいっても無理は禁物です。

人間の身体の約60%が水で占められているという事はよく知られている事です。

水は人間の生命活動にとって非常に大切なものです。

現代医学によりますと、体内に取り込まれた水は一旦胃や腸を通じて身体の各部分に送られますが、最初に到達するのが脳と生殖器だそうです。

その時間はわずか2~3分。

その次に皮膚に水分が浸透していきますが、約10分程かかります。さらにその後が膵臓や肝臓などの内臓で約20分かかります。

つまり、人間の生存にとって大事な部分から優先的に水が浸透していくという事です。従って、脳の細胞が水分不足になると軽い頭痛が起きて「至急水分補給が必要」という警告を体に知らせます。

他に水分は体内に取り込まれた時、老廃物や有害物質の濃度を薄め、優先的に排出を促す作用もあります。さらに血液が水分不足でドロドロとしてくる事も防ぎ、血栓等が出来にくい状態にする作用もあります。

では人は一日どれ位の水分補給をすればよいのでしょうか。

一般的に尿や便、汗で出る水分は成人で一日約2.5リットルと言われています。一方、身体に入る水分は食事から約1.5リットル摂取しており、新陳代謝でも約200mlの水分を作りだしますので、差し引き一日に1.5~2リットル摂取するのが望ましいと考えられます。

また夏場は生ビールや冷たいコーヒーで水分補給している気持ちになりがちですが、これらのドリンクは利尿作用が強いので、逆に身体は脱水状態になります。

気をつけたいのが、お酒を飲みすぎた翌朝です。顔がむくんでいる事がよくありますが、それは身体が脱水している状態です。

また、夏場は汗をかきますので、ミネラルも失われています。汗をかいた後はスポーツドリンクなどで補充しておくことが大切です。

水を飲む時間帯も大切なようです。

できるだけ空腹時に飲んだ方が有害物や老廃物の排出を促進するようです。逆に食後の満腹時は体内での水分の循環を抑える原因にもなります。

夜遅くまでお酒を飲んでいたい気分ですが、これは超NGですね。

朝起きたての時は汗などで水分が相当排出されていますので、血液がドロドロ状態です。何よりまずは水分補給を行いましょう。

血栓が詰まるのを防ぐ効果があります。夏場の朝はまず朝一杯と是非、習慣づけてください。

以上、身体と水分の関係でした。

  夏場は水分補給で上手に健康管理しましょう。

まるしげフーズライフのホームページへようこそ。
当店では鹿児島県・福山町の黒酢を中心としたこだわりの商品をご用意しております。
また、送料無料(3,000円以上)、全商品の手数料は無料。お得なセット割引きもあります。※商品の価格表示は税抜きです。

  

お得なセット商品

初めて黒酢をお試したい方にお得なセット、贈答品用の特選黒酢セットをご用意しました。