黒酢の通販ならまるしげフーズライフ


腸内環境を良好に保つ「ニューまるしげげんきっす」が冬の風邪予防に最適。

皆さん、こんにちは。かなり気温が下がってきました。冬の訪れがそこまで来ていることを感じます。くれぐれも体調管理の方、ご留意ください。

「ビフィズス菌」が腸内細菌の中でも善玉菌の代表と言えるのは、体の健康を維持するために腸内で大変重要な働きをしているからです。

まず「ビフィズス菌」は大腸内で糖などのエサを取り込み、発酵させて乳酸や酢酸などの生成物を作ります。これが腸を刺激して、便通をよくします。

さらに腸内を酸性に保つことにより、悪玉菌である腸内腐敗菌の増殖を抑え、細菌バランスを改善して、腸内をきれいにしてくれるのです。

腸内細菌の働き次第で、体の老化や免疫力、生理機能に影響し、私たちの健康が左右されるのですね。

では、善玉の代表各である「ビフィズス菌」が腸内にたくさん住むようにするにはどうすればよいのでしょうか。

もともと「ビフィズス菌」は腸の中に住み着いている菌ですが、この菌を育てて増やすことができるのが「「ガラクトオリゴ糖」なのです。

ガラクトオリゴ糖は酸に強く、胃酸などに消化されず大腸まで届き、腸内で「ビフィズス菌」のエサになり、ビフィズス菌を増やしてくれます。

腸内での勢力バランスは身体の健康に大きく影響します。

ビフィズス菌などの善玉菌が数の上でも優位になると、悪玉菌の活動は抑制され、便通なども非常に良好な状態が続きます。

では、逆の場合はどうでしょうか。

悪玉菌の数が優勢になると、悪玉菌が出す特有の有害物質が体内をめぐります。これらが免疫低下を引き起こし、体調不良を起こす原因にもなるわけです。

具体的には、アンモニア、アミンなどの腐敗物質や細菌毒素、ニトロソ化合物などの発ガン物質、二次胆汁酸などの有害物資を生成します。

これらの毒物の一部は腸から吸収されて、各臓器を巡り障害を引き起こします。

肝臓は毒物の解毒作用をする機能を持ち合わせていますが、その量が多いと当然、処理作業が追いつかなくなり、肝機能に負担がかかり、他の処理作業にも影響を及ぼすのです。
白血球などの免疫も頑張って除去しますが、負担が増え続けると、能力が低下していきます。

その結果、風邪を引きやすくなったり、アレルギーになったり等の弊害を招きます。

小腸には身体の70%もの免疫機能が集まっていますが、小腸が弱ると免疫が弱まり、風邪も引きやすくなります。

ウィルス性の胃腸炎は腸が疲れている時になりやすいのは、経験済みだと思います。

ですから、常に小腸の機能を上げて、大腸を善玉優位にして免疫をあげるよう腸内環境を良好に保つ必要があるのですね。

悪玉菌は肉類や脂肪分の多い油を好みますので、これらの食事ばかりを摂取していると腸内環境が自然と悪玉優位になるわけですね。

冬は一番免疫力が落ちて風邪を引きやすい季節です。

ガラクトオリゴ糖入りの黒酢「ニューまるしげげんきっす」を毎日摂取して、免疫を高めるように心がけたいですね。

  腸内環境を良好に保つ「ニューまるしげげんきっす」が冬の風邪予防に最適。

まるしげフーズライフのホームページへようこそ。
当店では鹿児島県・福山町の黒酢を中心としたこだわりの商品をご用意しております。
また、送料無料(3,000円以上)、全商品の手数料は無料。お得なセット割引きもあります。※商品の価格表示は税抜きです。

  

お得なセット商品

初めて黒酢をお試したい方にお得なセット、贈答品用の特選黒酢セットをご用意しました。