黒酢の通販ならまるしげフーズライフ


健康効果の高い冬の味覚「ブリ」

皆さん、こんにちは!

いつもブログを読んでいただいて、ありがとうございます。

まだまだ寒い日が続きますが、こういう時は温かくて美味しいものを食べて元気を出したいですね~

冬の味覚の魚の代表各といえば「ブリ」ですね。

ご存じかも知れませんが、ブリは出世委魚で、もじゃこ⇒青子⇒つばす⇒はまち⇒ぶりと魚の成長によって変化していく名前です。

地方によっては、「はまち」と「ぶり」の間に「イナダ」「ワラサ」「ワカナ」などの名が入るようですが、京都では入れないですね。

なお、九州方面から入荷している「養殖ぶり」は、「ハマチ」と書いてあるのがあります。

これは、天然ものと区別して、養殖物はサイズに関係なく大きくなっても「ハマチ」と読んでいるのです。

ブリは脂肪が多く、濃厚な味わいが格別です。特に、産卵を控えて脂が乗った「寒ブリ」は、絶品です。

刺身や照焼き、塩焼き、ブリ大根、アラ炊き、かす汁などにすると大変美味しいものです。

このブリの脂肪にたっぷり含まれているのが、高度不飽和脂肪酸のEPAとDHAです。

中性脂肪をへらす、悪玉コレステロールを減らして善玉コレステロールを増やす、血液をサラサラにして血行をよくするなど、生活習慣病対策に打ってつけです。

特に寒い冬場は、血行が悪くなって、冷えがツライ季節です。そんな時に、是非食べたいのが寒ブリですね。美味しいだけでなく、冷えた体を内側から温めてくれます。

EPAやDHAの血行促進作用をさらにアップするブリの食べ方としておすすめなのが、「ブリのキムチ煮」です。ポイントは、ブリの切り身に、白菜キムチと長ねぎをプラスすることです。

キムチの辛味成分である「カプサイシン」や、長ネギ特有の香り成分「硫化アリル」にも血行を良くして体を温める作用があるため、ブリの特性と相乗効果が期待できるわけです。

一緒に焼き豆腐とシメジを入れておくと、煮汁に溶け出した有効成分を吸ってくれますので、汁の栄養素もしっかりと摂れるわけです。

アツアツのブリのキムチ煮は、ごはんとも相性抜群!

美味しく食べて、体を芯からあたため、寒い季節を乗り切りましょう。

  健康効果の高い冬の味覚「ブリ」

まるしげフーズライフのホームページへようこそ。
当店では鹿児島県・福山町の黒酢を中心としたこだわりの商品をご用意しております。
また、送料無料(3,000円以上)、全商品の手数料は無料。お得なセット割引きもあります。※商品の価格表示は税抜きです。

  

お得なセット商品

初めて黒酢をお試したい方にお得なセット、贈答品用の特選黒酢セットをご用意しました。