黒酢の通販ならまるしげフーズライフ


緑茶でインフルエンザ対策!

皆さん、こんにちは。いつもブログを読んで頂き、ありがとうございます。

冬にしては暖かい方だそうですが、朝晩は冷え込んでますので、体調管理にはくれぐれもお気をつけください。

我が家は中・高の男の子が2人いますので、毎年この時期になると、インフルエンザの予防接種を受けさせようか、迷います。

今年は特に11月まで比較的暖かかった事もあり、大丈夫そうかなぁ~と思っていましたら、12月に入って急に流行しているようです。

風邪の予防のために「外から帰ったら、必ずうがいと手洗いをしなさい」と小さいころからよく教えられてきました。

しかし、ある専門家は「インフルエンザ・ウイルス」が気道の粘膜に取りつくと、30分で細胞の中に取り込まれてしまうため、うがいの効果はさほどない」と指摘しています。

本来、うがいの効果は「喉の粘膜を湿らせること」にあります。

喉の粘膜を湿らせれば、同時に鼻の粘膜にも湿り気が到達します。この潤いが、喉の粘膜を活性化させて、ウイルスの排除に役立つようです。

最近はうがい用の専門液も薬局で販売していますが、風邪予防のためなら「緑茶」を使うのがもっとも効果的です。

外出から帰って「少々のどが痛いな」と思ったときなど、気が付いたときはすぐに「緑茶うがい」をしてください。

うがいに用いる緑茶は普段飲んでいるものを2~3倍に薄め、ぬるま湯程度の温度にします。

最初、口の中に緑茶を含んだまま、ガラガラと数回すすぎます。次に喉の奥まで届くように上を向いてから、ガラガラと数回します。

少し苦味を感じますが、そこはガマンしてくださいね。

では、なぜ、「緑茶うがい」が良いのでしょうか。

緑茶にはカテキンが約10~15%含まれています。

カテキンはポリフェノールの一種で、ポリフェノールには生活習慣病や老化の原因になる活性酸素を消去する働きがあります。

インフルエンザのウイルスはスパイクを持っていて、スパイクの先端にあるジョイント部で細胞の壁に取り付きます。

カテキンは、どの型のウイルスに対しても、スパイクのジョイント部をふさいで感染を予防するという訳です。

緑茶は他のお茶に比べ、カテキンの中でも強い抗ウイルス作用を持つ「エピガロカテキンガレート」の含有量が一番多いと言われ、うがいに最適という事ですね。

ただし、うがいをする前は十分に手を洗って、手に付着したウィルスを落とすことも忘れずに!

  緑茶でインフルエンザ対策!

まるしげフーズライフのホームページへようこそ。
当店では鹿児島県・福山町の黒酢を中心としたこだわりの商品をご用意しております。
また、送料無料(3,000円以上)、全商品の手数料は無料。お得なセット割引きもあります。※商品の価格表示は税抜きです。

  

お得なセット商品

初めて黒酢をお試したい方にお得なセット、贈答品用の特選黒酢セットをご用意しました。