黒酢の通販ならまるしげフーズライフ


黒酢で腸内環境を改善して「花粉症対策」をしましょう!

皆さん、こんにちは。

コロナ対策も大変ですが「花粉症」の方には厳しい季節ですね。

マスクをしていても、花粉症のためなのか、分かりにくいという事も言われています。

今朝もニュースでやっていましたが、花粉症と疑われる方は、大人で全体の25%、子供に関しては30%近くになるという事ですから、驚きです。

もはや国民病ですね。

花粉症は自分の免疫が原因です。花粉症の人は免疫(B細胞)が異常に働き、なんでもない花粉を異物だと勘違いして「抗体」という武器で攻撃をしかける事が原因で起こっています。

花粉自体ははウイルスでも病原菌でもないので、この抗体と花粉が結合してしまい、それに対して「ヒスタミン」という化学物質が肥満細胞から分泌されます。

このヒスタミンが目や鼻などの粘膜を刺激をして、それに反応して涙や鼻水、くしゃみが出てくるんですね。

最近の研究では、アレルギーと腸内環境の関係が明確になってきました。

人間の身体の免疫の70%は腸で作られています。ですから、腸内環境が悪玉に支配されると、当然、免疫機能も狂ってきます。アトピーや食品アレルギーも全て同じ原理ですね。

花粉症を含めアレルギーのほとんどは「免疫の感受性が異常な状態」から起こっていますので、免疫をコントロールしている腸内環境を良くする事が対策として近道になります。

そこで、腸内環境を善玉優位にすれば、免疫機能も正常になってくるだろういう事で、花粉症に「乳酸菌」が良い事が注目されてきました。

「乳酸菌食品を毎日とれば、スギ花粉症を含むアレルギー性鼻炎の症状を緩和する効果が一定程度ある」ということが、厚生労働省の研究班による調査でも発表されています。

近年、特に子供に花粉症が増えた原因の一つとしては、戦後の「食生活の変化」があげられます。

日本古来の発酵食品中心の食事から、肉や油をふんだんに使った動物性たんぱく質主体の食生活に代わり、腸内環境が悪玉菌優位の状態になってきたんですね。

家庭料理も手作りのものから、冷凍食品や加工食品が増えて便利になり、子供たちも美味しそうに食べています。しかし、腸内環境は悪玉優位になって悪化しているんですね。

とにかく、この時期苦しんでいる方、特に外食が多い方は、ヨーグルトや黒酢などの発酵食品を意識して毎日食べてみましょう。

お薬は一時処方的にヒスタミンの分泌を抑えているだけですので、根本的な解決にはなっていません。

花粉症で毎年ひどく悩んでいる方は、和食や発酵食品を中心にした食生活に変えて、アレルギーの原因である腸内環境を抜本的に体質を変えるぐらいの対策をとってみてはいかがでしょうか。

当然、玄米黒酢も腸内の善玉菌を活性化させる作用がありますので、是非、ご活用ください。

  黒酢で腸内環境を改善して「花粉症対策」をしましょう!

まるしげフーズライフのホームページへようこそ。
当店では鹿児島県・福山町の黒酢を中心としたこだわりの商品をご用意しております。
また、送料無料(3,000円以上)、全商品の手数料は無料。お得なセット割引きもあります。※商品の価格表示は税抜きです。

  

お得なセット商品

初めて黒酢をお試したい方にお得なセット、贈答品用の特選黒酢セットをご用意しました。