黒酢の通販ならまるしげフーズライフ


エアコンをつけっぱなしにせずに寝る方法

毎晩暑い夜が続いていますね。毎日、エアコンなしでは眠れません。

エアコンをつけて寝るのは良いのですが、朝までつけっぱなしにすると、さすがに電気代がもったいないですね。

タイマーを2時間ぐらいに設定して、寝るのですが問題は切れた時ですね。何しろ、部屋は窓を閉めて寝ていますので、じわじわと室温が上がってきます。

寝苦しくなって目が覚めた時に、窓を開けて扇風機を廻して再度寝るのですが、せっかく気持ちよく寝ているのに台無しです。また、熱中症になる危険性もありますから、要注意です。

エアコンを経済的に使いながら、朝まで安眠できる方法はないでしょうか。

実は、寝る時と目覚める時だけエアコンを使う方が、エコロジーでかつ朝までぐっすり眠れる室内環境をつくる事ができるそうです。

まずは寝る1~2時間くらい前からエアコンを冷房か除湿にして寝室を冷やしておきます。扇風機をつけ、エアコンの冷たい空気が寝室全体にいきわたるように、天井や壁に向けて使います。

寝るときはエアコンを消して明け方にまた電源が入るようにタイマーをセットします。引き続き扇風機で寝室の空気は循環させておきます。

日の出とともに暖まってくる寝室も、この時間に28℃の冷房がタイマーでつくようにセットしておけば、いつもどおりの時間まで安眠できるはずです。

こうすることで、一晩中エアコンをつけているよりも電気代もおトクだそうです。

さらに、エアコンは風の吹き出し口を平行にして直接体に当たらないように注意して下さい。

扇風機を微風でつけ、上向きにして回すと、冷たい空気が循環され、健康的に暑さをしのげますね。

夏を元気に乗り切るには、充分な睡眠から。ちょっとした工夫で、朝までぐっすり眠れる寝室環境をつくってみて下さい。

  エアコンをつけっぱなしにせずに寝る方法

まるしげフーズライフのホームページへようこそ。
当店では鹿児島県・福山町の黒酢を中心としたこだわりの商品をご用意しております。
また、送料無料(3,000円以上)、全商品の手数料は無料。お得なセット割引きもあります。※商品の価格表示は税抜きです。