黒酢の通販ならまるしげフーズライフ


健康と腸内細菌の摩訶不思議な関係

いつもブログを見ていただき、ありがとうございます。秋の風が肌寒く感じる季節になりました。朝晩は冷え込みますので、体調管理にはくれぐれもお気をつけ下さい。

さて、今日は腸内のお話です。

バランスの良い食生活が健やかな毎日を過すために必要なことは皆様もご存知の事と思います。

私たちは、健康を維持するために、栄養素を摂取し、肉体の成長や修復に必要な材料を供給し、エネルギーを供給するのが食事の一番の目的です。

しかし、最近の研究では、食事は単に私たちの肉体のためだけにあるものではないことが分かってきました。

最近、ビフィズス菌などのCMで腸内フローラという言葉を聞かれた事があると思います。

腸の中に住み着いている細菌群で約1500種類、100兆個の腸内細菌が所狭しと固まっている様相をお花畑の意味の”フローラ”に例えてそう呼ばれています。

その腸内細菌が、私たちの日々の食事と密接に関係している事が数々の研究報告から分かってきました。

まず私たちが食べるご飯ですが、栄養学的見地からですと、お茶碗一杯のご飯はおおよそ200kcalのエネルギーがありますが、この200kcal全てが人の摂取するカロリーとされていました。

しかし、腸内細菌の研究が進んだ結果、200kcalの20%弱の約33kcalは腸内細菌が消費していることが明らかになりました。私たちの食事は腸内細菌が棲息するための食事でもあったのです。(腸内で細菌を養っているといっても過言ではありません。)

便通がよくなるとダイエットができるとよく言われていますが、便通がよくなるという事は、腸内細菌が活発に食事をしている証拠なのです。ですから、食べた食事の20%を消費してくれて、体内の摂取カロリーが減るとも考えられます。

そう考えると、たくさん食べても太らない人の理屈も納得できますね。腸内細菌にカロリーを分けているので太りにくい訳です。

この逆を応用したのが養豚の飼育です。

養鶏や養豚などでは、病気にならないよう餌に抗生物質を混合して与えます。この餌と混ぜた抗生物質により、鶏や豚の消化器官の腸内細菌を死滅させたり、増殖を抑える効果があります。

その結果、食べた栄養が100%鶏や豚の摂取カロリーになるので、約30%の体重増がみられるのです。しかも運動はせず、ただひたすら食事をしているだけですので、見事に脂肪を溜め込んだ体型となるのです。

ビジネスとして生産性を考えると同じエサを食べても太りやすい方が効率が言い訳です。

この状態って私たちの現代生活と同じような感じはしませんか?

ほとんどイスに座ったり、乗り物に乗って身体を動かさないでいる生活の中で、化学調味料や保存料を多用した加工食品をとり続けると、私たちの腸内細菌で特に有益とされる善玉菌が減少していき、100%栄養を身体が吸収してしまいます。

医薬品の取りすぎも同様です。そして、気がつけば腸内細菌の摂取カロリーが減り、体内に余分な脂肪を溜め込んでしまっているのです。

一般的にダイエットをするとなるとまずは食事制限と考える方が多いかと思います。

確かに摂取カロリーは減りますが、結果的に腸内細菌のエサも減る事になりますので、腸が代謝する力が弱まり、さらに栄養の偏りと腸内フローラのバランスが変わることで、体調に異変をもたらす事になります。

この様に腸内フローラの視点から見ると、私たちは全く真逆の間違った事をしているのがよく分かります。

しっかりと食べて腸内細菌を増やし、代謝エネルギーを高めることが本当に効果あるダイエット方法なのです。

黒酢など有機酸が豊富な食品を摂ると善玉菌が増え、腸内の代謝が活性化しますので、自然とダイエットができてくるのもこのような理屈からなのです。

これからは少し意識を変えてダイエットに励んでみれば、効果も変わってくるかも知れませんよ。

  健康と腸内細菌の摩訶不思議な関係

まるしげフーズライフのホームページへようこそ。
当店では鹿児島県・福山町の黒酢を中心としたこだわりの商品をご用意しております。
また、送料無料(3,000円以上)、全商品の手数料は無料。お得なセット割引きもあります。※商品の価格表示は税抜きです。