黒酢の通販ならまるしげフーズライフ


ストレスの多い人ほどよく夢を見る!?

皆さんこんにちは。いつもブログを読んで頂きありがとうございます。

秋も深まってきましたが、たまに暖かい日もあります。寒暖差の激しい季節ですので、くれぐれも体調管理にはご留意ください。

さて、たまに怖い夢を見る事がありますよね。交通事故や家が家事になるなど災害の夢は目覚めも悪いものです。

「夢を見る時は眠りが浅い」というのは聞いた事がありましたが、疲れやストレスが多いと夢をよく見るのでしょうか。

まずは、どういう時に夢を見るかです。

人は睡眠中に、ごく浅い眠り、浅い眠り、中くらいの眠り、深い眠りの4段階の眠りをするそうです。

この眠りをノンレム睡眠と言いますが、ノンレム睡眠の次にもう1つの眠りがきます。これが、レム睡眠です。

レム睡眠中はまぶたが動き、筋肉の緊張がなくなり、心拍数や呼吸も増加し、脳波も浅い眠りを示します。

7~8時間の睡眠のうち、ノンレム睡眠とレム睡眠を何回か繰り返しますが、夢を見るのはレム睡眠のときだけです。

レム睡眠のときにはいつでも夢を見ていますが、その夢を覚えているのは、夢を見た後の8分だけだそうです。

この間に目がさめれば覚えているのですが、そのまま眠り続けてしまえば、夢を見たことすら忘れてしまいます。

だから、浅い眠りから深い眠りへすぐ移行して熟睡してしまうと、夢はあまり見ません。また、レム睡眠が長くなると夢を見ている時間も長くなります。

眠る時間が長ければレム睡眠の長さも伸びますが、同じ時間寝ていても、強いストレスを受けているときの方が、レム睡眠が長くなるそうです。

それにストレスを受けている時には、ウツウツとしてよく眠れず、目が覚めやすいという事もあります。

そういえば、テストの前とか、仕事が上手くいかないときとか、ふられたときとか、嫌な事があったときによく見たなぁという気がしてきました。

アメリカで行われた実験でも、夢をあまり見ない人というのは、楽天的で自我があまり強くない人という結果が出ているそうです。

何も考えず、バタンキューと眠ってしまうのが最上の眠りのようです。

ちなみに、寝言の方は、レム睡眠中でもノンレム睡眠中でも発するようです。

あらぬ人の名を寝言で呼んで、浮気がばれて家庭不和を招かないよう注意したいものですが、これでは防ぎようがないですね。

  ストレスの多い人ほどよく夢を見る!?

まるしげフーズライフのホームページへようこそ。
当店では鹿児島県・福山町の黒酢を中心としたこだわりの商品をご用意しております。
また、送料無料(3,000円以上)、全商品の手数料は無料。お得なセット割引きもあります。※商品の価格表示は税抜きです。

  

お得なセット商品

初めて黒酢をお試したい方にお得なセット、贈答品用の特選黒酢セットをご用意しました。